JAZZの王様

下品の意味を知る

知らないところで

Don Wilkersonってバカじゃないんだ

入門書を買ってみた

名盤カタログに頼るのは、結婚相談所で理想の相手を探すのとおんなじであって、それを効率的でいいと言うのならそうすればいいっていう、人生観っていうか、それこそ趣味の問題ですね。

アス・スリーとスリー・サウンズは関係ないです

パーランってそんなすごい人でしたっけ

あなたに任せて30年 - John Wright

昔からピアノトリオが苦手です。なんか薄っぺらくて聴いてられない。

最近ソーセキ読んでますか

入門書の初っぱなで「定番」をおざなりに紹介された読者の意識には、それらのアルバムが「初心者向け」であると刻印されてしまう。

ごりごりゴルソン

ちょっとあなたいくらなんでもそれはないだろう

楽器の王様

オルガンミュージックは、いつも「自分から取りに行く」ことでしか手に入らない世界でした。

入門するバカ

そもそも、音楽を聴くというのはなんかの技芸なんですか。高尚な趣味なんですか。ただボーッとしてるだけじゃないですか。

すみません、あなたは王様ですか

ジャズ界の不幸は、マイルスのようなタイプの音楽家を、著しくバランスを欠いた形で祀り上げてしまったところにあると思います。

最高の音楽

毎日JAZZ人生の集大成をやってるつもりです。ろくなもんじゃありません。